苦手なコースを克服するには、克服できるまで練習するしかありません。 苦手なコースは人それぞれ違いますが、大きく分けると、アウトコースかインコースのどちらかになるのではないでしょうか。 アウトコースが苦手な場合には、手の振りだけで打たないように気をつけるというのが最大のポイントになります。 そのためにも、バッターボックスから足がはみ出てしまわない程度に、ホームベース側に踏み込むようにしましょう。 また、ストライクかボールかを判断する選球眼を養うことも大切ですね。 インコースが苦手だという人は、スタンスを少し変えて、ボールと体の距離を開けることを心がけてみてください。 打つタイミングも少し早めを意識すると、詰まった感じにならないはずです。 苦手なコースを克服するためにも、苦手なコースにあえて投げてもらって練習するようにしましょう。 それに、苦手なコースばかり練習していると、他のコースを打つタイミングがわからなくなったりしますから、他のコースの練習も適度に交えるようにします。